メニュー
  • ログイン
  • カート
戻る
【少女】
【女性】
【男性】【BL】
決済手段
ログイン
戻る閉じる

「藤龍河」の検索結果(7件)

絞り込む
閉じる
表示順
表示形式
画像表示
詳細表示
      • 配信数 :1~3話
        作者名 : 藤龍河 花小蒔朔衣 /イラストレーター
        シリーズ名 : 花丸
        伊智地家に仕える軍略家・小田月冬政は、同じ家に仕える同い年でもう一人の軍略家・時音に幼い頃から心を寄せていた。しかし時音は、冬政の父と親しく接する一方、冬政とは距離があった。そのことに焦燥感を覚えていた冬政は、戦で父を亡くしたことがきっかけで想いが爆発。時音を無理矢理抱いてしまう。二度と笑いかけてくれないと絶望する冬政だが、その後も素直になれず彼を傷つけててしまうばかりだった。そんな折、冬政は厳しい戦場へと向かうことになり……。(「夢湖月 1」はウェブ・マガジン小説花丸 Vol.23に収録されています。重複購入にご注意ください)
      • 配信数 :1~4話
        作者名 : 藤龍河 麻酔 /イラストレーター
        シリーズ名 : 花丸
        出自に隠し通さねばならない秘密がある香苗城主の生駒幸次は、自分は城主にふさわしくないと内心思い詰めているために、夜毎悪夢にうなされ続けていた。唯一の救いは、その秘密を共に抱えてくれる年上の筆頭家老・西尾正之の存在だった。「命尽きるまでお傍から離れず、あらゆる災厄からお護りすると誓います」という正之の言葉にすがり生きてくるしかなかった幸次は、次第に正之を失うことを激しく恐れるようになり……。(「紫陽花の城~偽りの主~1」はウェブ・マガジン小説花丸 Vol.19に収録されています。重複購入にご注意ください)
      • 配信数 :1~3話
        作者名 : 藤龍河 潮子ショウ /イラストレーター
        シリーズ名 : 花丸
        自分に自信のない引っ込み思案の英司は、就職活動に失敗したことをきっかけに、宇田木商店街のキャラクターのひとつ、ふさまるという白うさぎの着ぐるみを着て地域のアピール活動をする日々。着ぐるみに入っていてさえ、他人と満足にかかわることが出来ない英司にとって、もうひとつのキャラクター・うたぎさまに入って活動する年上の男・十坂は憧れの存在だ。すぐに落ち込んでしまう自分を優しく励ましてくれる十坂。そんな彼を見ると、英司はいつしか胸がドキドキとし始めて……!? (「うたぎさまのお気に入り♪ 1」はウェブ・マガジン小説花丸 Vol.15に収録されています。重複購入にご注意ください)
      • 配信数 :1~4話
        作者名 : 藤龍河 ほたか乱 /イラストレーター
        シリーズ名 : 花丸
        軽業一座で過酷な生活を強いられていた少年・小松を買い上げ、小姓として大事に育ててきた利親。ついに小松の初陣の時がやってくるが、その最中、小松の身に危険が――!?(「山吹の光纏いし蝶童子 第一話」はウェブ・マガジン小説花丸 Vol.7に収録されています。重複購入にご注意ください)
      • 配信数 :1~3話
        作者名 : 藤龍河 影川うさこ /イラストレーター
        シリーズ名 : 花丸
        仙人の玉麗は、失恋した後も思い出が捨てられず、そのせいで仙界に帰れなくなり困っていた。そんな玉麗を志明という人間が拾ってくれる。志明の見返りを求めない優しさとまっすぐな心に少しずつ傷ついた心が癒され、惹かれていく玉麗だったが、永久の時を生きる彼にとって、人間である志明の生は残酷なほど短くて……。(「神仙恋綺譚1」はウェブ・マガジン小説花丸 Vol.4に収録されています。重複購入にご注意ください)
      • 配信数 :1話
        作者名 : 藤龍河 谷栖ルイ /イラストレーター
        シリーズ名 : 花丸
        五歳で北御牧家に人質として差し出された植村家の嫡子・桐賢は、北御牧家の若き当主・虎隆に身も心も捧げてきた。だがある日、敵襲の先陣を実父が務めていることが発覚し、裏切り者として幽閉されてしまう。虎隆に信じてもらえなかったことを桐賢は嘆くが……。戦国主従ロマン! (「巨城炎情」はウェブ・マガジン小説花丸 Vol.3に収録されています。重複購入にご注意ください)
      • 配信数 :1巻
        作者名 : 藤龍河
        シリーズ名 : 花丸
        武藤秋隆は小姓として憧れの主・龍景に仕えていたが、主好みではないため名も覚えてもらえないでいた。ある時、龍景に寵愛されていた美貌の兄の出奔を機に、秋隆は近習に召し上げられる。たとえ覚えてもらえずとも、少しでも龍景の役にたちたいと、主の閨事を聞く辛い役である不寝番を勤めることになるのだが……!?、第66回花丸新人賞ベスト7受賞作。