メニュー
  • ログイン
  • カート
決済手段
ログイン
閉じる
大人気「女はヒト科の○○を飼う」シリーズの
藤井みつる先生が答える!!
Q&A
  • Q.
     「女はヒト科の猫を飼う」の秋の気持ちがすごくよくわかる。恋に素直になれる秘訣ってありますか…?
  • A.
     質問ありがとうございます。秘訣…は告白も要求も早め早めにすることかなあ。
    時間かけると余計なことを考えすぎてしまう。考えすぎると相手に伝えるにも重くなってしまうので。

  • Q.
     「女はヒト科の番犬を飼う」のまーくん超かわいいです。恋しちゃいました、いや恋がしたくなりました! まーくんは先生の理想の年下像ですか?
  • A.
     そう言っていただけて嬉しいです。
    私も呑兵衛なので(笑)彼は理想に近いかも。いや年下じゃなくてもいいです。同い年でも年上でも!

  • Q.
     「女はヒト科のヒナを飼う」の田島にオトされたい…。私、まじで干物だわー。先生は恋してますか?漫画を描くのに恋は必要ですか?
  • A.
     女だもの、いつもしてるわ。と言いたいとこですがしてません(泣)
    心にも肌にも潤いが欲しい。漫画を描くのに必ずしも必要ではないですね。でも恋した経験はあったほうが肥やしになります。

  • Q.
     振り向いてくれない人(女はヒト科の麒麟を飼うの相場)を追いかけるのって、やめたいのにやめられない。 先生はとことん追いかける派or時期を見て諦める派?
  • A.
     なにかそういった実体験が・・・?
    私は音速を超えるくらいに諦め早いです!根気ない。

  • Q.
     コミックス「女はヒト科の猫を飼う」拝見しました。いろんな男性をフルコースで堪能しました。 この中で先生の一番好きな男性キャラは誰ですか?
  • A.
     難しいですね。私はあまり相手の世話を焼くタイプじゃないので、手間のかからない人がいい。
    となると「女はヒト科の麒麟を飼う」の相場でしょうか。でも叱られるの嫌だなあ←ダメ人間。

  • Q.
     スッと入ってくる先生の絵が大好きです。漫画を描く上で絵に対してのこだわりですとか、意識されていることはありますか?
  • A.
     ありがとうございます!
    表情を生き生き描けるように心がけているつもりです。
    あとは油断してるとオジサンオバサンをつい描いてしまうので、入れすぎないようにすることです。好きなんです。中高年描くの。

  • Q.
     スニーカーの裏のイボイボ(?)を描き込んであるコマがあり、一気に臨場感とリアリティが倍増! こんなところまで描かれるのはこだわりですか?
  • A.
     細かいとこまで!ありがとうございます。
    足元からのアオリぎみの構図をわりと好んで描くので、靴裏が真っ白だと寂しいかなと。
    無機質なもののほうが得意なせいもあります。お花よりヤカン描くほうが得意です。

  • Q.
     30女の心理描写がリアルすぎ!! もしかして先生の実体験いくつか入っていますか?
  • A.
     ところどころには入ってますね。
    30女あるあるなら相当数挙げられる気がします。嬉しいような悲しいような(笑)。

  • Q.
     不器用って恋のスパイスなのかも、って先生の作品を読んでいると実感させられます。先生は器用か不器用かでいったらどちらでしょうか?
  • A.
     (高倉健調で)じぶん、ぶきようですから…… ああ!たしかにヒロイン不器用ばっかりだ!

  • Q.
     他社の漫画雑誌ですごく絵柄が違う作品を拝見しました。どうしてそんなにタッチを変えられるんですか?
  • A.
     なぜ変えるのか、という理由でしょうか?それともどうやって変えるのか?という手法でしょうか?

    なぜ、という意味合いでしたら。おそらく原作付きの仕事のことだと思います。
    いただいた原作のイメージを表現するには、どういう絵柄だと一番効果的だろう?という考えから変えています。
    映像などでも俳優さんを選びますから、ああいう感じでできたら面白いなと考えていました。

    どうやって、という手法の意味合いでしたら。
    日頃からいろんな作品を見て、かっこいいなーと思った絵だと、細かい処理の仕方などをよく見ておいたりは しています。
    あとは道具を変えてみたり。普段は付けペンだけど、サインペンで描くなど。
    自分の絵をどうにかもっと良くできないか、いつも考えています。

藤井みつる先生 Love Silky作品
藤井みつる先生女はヒト科の子羊を飼う」収録!
マガジン版でオトクに読める♪
Love Silky

▲ページの上へ