メニュー
  • ログイン
  • カート
決済手段
ログイン
閉じる
38巻
変貌を遂げた世界で、安全な土地を求め旅に出たリッケルトとエリカは魔物に襲撃されたところを新生鷹の団に救われた!導かれるがままに辿り着いたのは白き鷹グリフィスが君臨する都ファルコニアだった。
グリフィスと鷹の団への複雑な想いを胸に秘めたリッケルトは…。一方、海神の危機を脱したガッツ一行はキャスカの身の安全と、精神の回復の望みをかけパックの故郷、妖精島へ向うのだった。



「黒いマグマ」を胸に戦い続ける、ガッツが追う「ゴッド・ハンド」とは?
ガッツとグリフィス。二人の間にはいったい何が…


300年に渡り、強い敵を求めていた使徒。
ガッツにグリフィスとの運命を預言する。
「貴様に死がおとずれる!! 決して逃れられぬ 死が!!!」


100年前チューダー帝国がドルドレイ要塞をミッドランド王国から奪ったことから「百年戦争」が始まった。


剣だけを信じてきた男は天を目指す鷹に出会う


ベヘリット。別名“覇王の卵”。 ベヘリットを持つ者は自分の血と肉と引き換えに世界を手に入れる運命。


オレの手の中から出ていきたいというのなら、あの時と同じ…。剣で自分をもぎとって行け


そんなはずねえ。これが…、あの…グリフィスのはずがねえ…



『ベルセルク』スペシャル編集版はコチラ!